ホーム

スポンサードリンク

もしかして私の子供は発達障害?│ちょっと個性が強いだけです

masaka.png

私の子供は軽度発達障害のため特別支援学級に通っています

それまで確かに成長は遅いなと思っていました

  • 首の座りは4ヶ月
  • ハイハイは1歳過ぎてから
  • 歩き始めは1歳半過ぎ
  • 言葉が出たのも1歳半過ぎ

それも個性なのかなと思っていましたが
小学校入学前、信頼できる保育園の園長先生の勧めで
市の保健センター、療育病院を受診して発達検査をした結果、
発達性協調運動障害と知的障害もあると言われました

療育手帳も持っています。総合判定は4度の障害、
見た目はほとんど普通の子と変わらないし、
持たなくてもいいのですが、持っていたほうが後々
市の福祉サービスなどを受けられるということで申請し発行してもらいました

障害とはいいますが、特に何かが悪いわけではなくて
ちょっと成長がゆっくりなだけなんです

ちょっと手先が不器用で
ちょっとこだわりが強くて
先のことが見えていないと落ち着かなくて不安なのも
全部子供の個性です、いえ特性です

それでも一生懸命生きてます

遅れがあるぶん、普通の子と比べられて
自信を失くしてしまいやすいところは多々ありますが
できたことを褒めてあげればどんどん伸びます

発達障害というのは治す病気ではありません

それを子供の個性と認めて将来その子が大きくなったときに
仕事面、生活面でちゃんと自立して周囲と協調しながら生活できるように
手助けしながら育てていかないといけません

最後に発達障害というのは先天的なものと言われています

母親が妊娠中どうだったとか
育て方に問題があったとかは関係ないそうです

自分を責めるよりもこれから社会へ送り出すにあたって
立派な大人になれるように子育てを頑張りましょう

今は子育て支援法もあり、福祉のサービスも充実しています
ひとりで頑張りすぎないで学校の先生や病院の医師、
周りの人などとも協力しながら頑張りましょう

あのハリーポッターのダニエル・ラドクリフも
発達性協調運動障害だそうです
それでもちゃんと成長してあの映画も見事にやり遂げました

あなたの子供も生まれるべくして生まれた子供です
たまたま成長がゆっくりだっただけです

自信をもって子育てしていきましょう

このブログは私のこれまでの短い経験談をまとめたものですが
あなたのお力になれれば幸いです

  • 1

Return to page top